朝霞市 美容室 SKヘア

Home > ホームカラーについて

ホームカラーについて

このページでは市販のホームカラーについて、店主の見解です。

imge

SK hair代表の加藤と申します。
縮毛矯正技術やパーマ、カラーに悩んでいる美容師さんに
読んでほしいです!ちょっと長いけどよろしくどうぞ。
けして誹謗中傷ではありませんのでご了承ください。
いきなりですが、ホームカラーってやってますか?
値段は安くて気軽に2.3回くらい染めることができてどこでも売ってます。
では、サロンカラーとホームカラーの決定的な違いとは何か。
できるだけわかりやすく説明します!
1 サロンカラーもホームカラーも明るく白髪を染めるカラー材には 「髪を明るくするお薬」と「白髪を染める染料」の2つを混ぜ合わせます。

2 髪が傷む原因はアルカリです。
アルカリとは前述にありました「髪を明るくするお薬」のことです。 

3 ホームカラーのアルカリ含有量はサロンカラーの倍!!傷むのも倍!

4 このアルカリ含有量はずばり、ブリーチの次に強いです。

では、「傷んだ髪は見た目にどうなってしまうのか?」 ずばり!髪自体がやせ細っていきますので 1 根元の立ち上がりはもちろんハリコシがなくなり 2 みずみずしさも弾力もなくなり 3 地肌が透けて見えるようになっていくので薄毛を誘発します。 おわかりいただけましたか?
でもね、爆発的にホームカラーが人気なのは美容師のカラーリング技術が足りないのが原因のひとつであると店主は考えます。
美容室でやっても家でやっても、たいして変わらないのなら家でやるわ!と店主は思います。
でも、やはり僕ら美容師は美のプロなのでお客様がリスペクトする色を瞬時に理解し、結果を出しつつツヤツヤでさらさらな手触りを損なわずホームカラーとは全然違うレベルのものを 常に研究し続けなければなりません。
ちょっと長くなりましたが
これからも、終わりのない研究や追及にハマりまくっている
店主の主張でございました。

space
space